文庫本の帯

古本屋・新宿御苑・東京
Creative Commons License photo credit: pict_u_re

本屋に入ってすぐ目に飛び込んでくるのは平積みの最新刊たちだ。思わず手にとってしまう。帯がついている本はなお良い。私はあの帯が大好きなのだ。売り出している最中に帯が着いているのは当然だ。そうではなくて、何年もたってまだ帯がついていたらもっと好きだ。そういう姿を見つけたときは感動のあまり手にとってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA