洋菓子・喫茶ボンボン

お酒の飲めない甘党の私としては、今後はとことん甘味を追求していく。名古屋というのは洋菓子も和菓子もお店が多くて甘党の私には悪くない場所だ。

私が大学生になった頃からだからもう15年以上前から気になっていたのが、名古屋市東区泉にある洋菓子・喫茶ボンボンというお店だ。すぐそばに日本棋院中部総本部があるので、囲碁の大会などに行くたびに、ボンボンの前を通っていた。どことなくレトロな雰囲気で気になっていたけれど一度も入ったことがなかった。

今回食べたのは、渋皮モンブラン(370円)。甘さが染みてとても良かった。最近の人気ケーキ屋は1つ1つの値段が強気で500円ぐらいすることが多いのだけど、ボンボンは値段も昔のままなのかとてもお手頃だった。ここにしか無いというような珍しいケーキがあるわけではないのだけど、とにかく美味しいという点では間違いのない洋菓子屋だと思った。

渋皮栗のモンブラン

甲府の旅

1月25日から27日まで甲府駅前で日本疫学会があった。私にとっては初めての甲府だ。今回乗った電車は次の通り。

■名古屋
↓ 08:00〜09:53
↓ JR特急ワイドビューしなの3号 長野行
↓ 10番線発
■塩尻
↓ 10:03〜11:05
↓ JR特急あずさ12号 新宿行
■甲府
名古屋〜甲府 4,750円
名古屋〜塩尻 2,160円 (特急自由席料金)
塩尻〜甲府 1,180円 (特急自由席料金)

私は特急が好きだ。新幹線と違って、特急は車内に踏み入れた瞬間に、一気に旅モードにしてくれる。ちょっとローカルで野暮ったいんだけど、それがかえっていいのだと思う。

食事のことも忘れないように書いておこう。甲府に出発する前に名物料理をネット検索するとやはり「ほうとう」が一押しだった。どこでほうとうを食べるのがいいんだろうと悩んだのだけど、駅前にもある「小作」が良さそうだとなった。旅先でおいしい和菓子屋を見つけて食べ比べするのが好きなのだけど、今回は時間がなくてそれはできなかった。結局、この旅で食べられたのは、

塩尻駅で買った駅弁の「とり釜めし」を特急あずさの車内で

とり釜めし(カワカミ)

A post shared by Yuya Tamai (@tamaiyuya) on

ミレーで有名な山梨県立美術館のレストランで「ミレーの種をまく人 アートドリア」

ミレーの種をまく人 アートドリア

A post shared by Yuya Tamai (@tamaiyuya) on

小作甲府駅前店で「かぼちゃほうとう」を

かぼちゃほうとう

A post shared by Yuya Tamai (@tamaiyuya) on

そして、勝本くんに教えてもらった甲府駅北口近くの生そばきりで「せいろ」と「鳥もつ」

せいろ

A post shared by Yuya Tamai (@tamaiyuya) on

鳥もつ

A post shared by Yuya Tamai (@tamaiyuya) on

土産に買った澤田屋の「くろ玉」

くろ玉(澤田屋)

A post shared by Yuya Tamai (@tamaiyuya) on

どれもとても美味しかった。少なくとも今なら写真を見るだけでも味もをしっかりと思い出せる。美味しいものを食べられるとそれだけでも旅の記憶が立体的になるような気がする。

第28週の展覧会めぐり

週末に東京に行く用事があったのだけど、せっかくの3連休は2泊3日で東京に行くしかないと思った。東京に行くついでに茨城にも寄った。

7月16日

この日は智美術館で秋山陽さんのトークがあった。会場いっぱいに人がいてトークはとても盛り上がった。図録にサインを貰った。ギャラリーTAOでは伊村俊見さんの展覧会のオープニングパーティーがあって、おもしろい話がいっぱい聞けてとても楽しかった。

「秋山 陽 アルケーの海へ 展」 菊池寛実記念 智美術館

「伊村俊見 展」 Gallery TAO

7月17日

この日は東京をぶらぶら回った。国立西洋美術館が世界文化遺産になったその日に私は松方コレクションとコルビュジェについての展示を見ていた。深く考えさせられる展示だった。新宿高島屋では林茂樹さんの展覧会がやっていて、会場では林さんから興味深い話を聞くことができた。もしも機会があれば行ってみようと思っていたろくでなし子の展覧会に寄る機会にも恵まれた。資生堂ギャラリーの石内都の展覧会はとても良かった。写真の展覧会にもっと行ってみようと思った。頂での展覧会は「失敗工房 Mistake Factory」という108回の展示シリーズだそうで、今後の企画もとても楽しみだと感じた。

「ポンピドゥー・センター傑作展―ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで―」 東京都美術館

「ル・コルビュジエと無限成長美術館―その理念を知ろう―」 国立西洋美術館

「西谷 結城 茶碗展」 柿傳ギャラリー

「林 茂樹展 Unfolded Ceramics」 新宿タカシマヤ 美術画廊

「「わたし、出馬しまんこ!新党まんこ党」 ろくでなし子個展」 新宿眼科画廊

「12 Rooms 12 Artists UBSアート・コレクションより」 東京ステーションギャラリー

「カルロス・アイエスタ + ギヨーム・ビュイッション 「Retrace Our Steps -ある日人々が消えた町- 」」 CHANEL NEXUS HALL

「「奥村雄樹による高橋尚愛」展」 銀座メゾンエルメス フォーラム

「石内都 「Frida is」」 資生堂ギャラリー

「Drawing, Photograph, Maquette 安藤忠雄」 AKIO NAGASAWA Gallery

「鳥井祥太個展 “Oblivion -The Last Love-“ Mistake #1 サイバースペースで彫刻は可能か?」 頂- itadaki –

7月18日

茨城県陶芸美術館のある笠間は相変わらず東京から遠いのだけど水戸を経由していくのが楽しいと知った。茨城県陶芸美術館は現代陶芸のまとめみたいな企画を毎年やっていて実はけっこうスゴイことなのではと思った。

「茨城県立笠間陶芸大学校開校記念展 現代陶芸・案内(ガイド) 洗練・華麗・増殖 — 進化するフォルム」 茨城県陶芸美術館

204/366